「義兄弟」の評価・感想|ネタバレ無し

義兄弟
「生きたい!」心が叫ぶ。

ソウルで発生した謎の銃撃戦から6年―― 祖国に捨てられた工作員と解任された国家情報員。彼は敵か、味方か!

avatar_Agatha's pumpkin
公式ライター:Agatha’s pumpkin
すっかり韓国エンタメに拘束されてしまったライターです。社会派ストーリー、恋愛ものやアクションなど、韓国ならではの心打つ演出にいつもドキドキ。その魅力を余すところなく、みなさんにお伝えします!
レビュー・感想

見どころ

現状を隠して共同生活を始めた二人が、お互いの実情に気付いた瞬間の表情は必見!相容れないはずの二人の関係に変化が!?四転五転とする目まぐるしいストーリー展開とセリフの一つ一つに着目し、とにかく最後まできっちり見るべき1本。

レビュー

「遠い昔、1本の木がありました…」と、ジウォンが妊婦の妻に電話で語りかけるシーンからのスタート。韓国に潜入した北朝鮮の工作員(スパイ),ジウォンは、暗殺者“影”の指示で脱北者キム・ソンハクを暗殺するための行動に出ますが、国家情報院でスパイ捜査を専門にするハンギュたちもまた、“影”の逮捕に躍起になっています。
ハンギュたちを巧みに巻いて逃走する“影”たちですが、ジウォンは裏切りの汚名を着せられ帰国の夢がついえ、ハンギュもあと一歩のところで“影”を逃がし、被害の大きさから国家情報院を辞めることに。

 
―― 6年後。
家族と離れ、興信所稼業と称し人探しで生計を立てるハンギュは、娘から「ママだけが好き」と言われる有り様。ところが、警察からの依頼により、ベトナム人女性を斡旋する国際結婚の元ブローカーを追うなか、工場勤務のジウォンを発見、これで人生を挽回できると踏みます。

 
一方のジウォンも名前を変えてはいるものの、ハンギュに気付き素性を隠して様子を探ります。

ジウォンは、ハンギュからの申し出を受け、人探しを手伝いつつ、同居の提案ものみますが、随時、ハンギュについての報告を怠りません。やがて互いの状況を知らないままの二人に、新たな転機が訪れ…。

 

ハンギュを演じたソン・ガンホのユーモア溢れる演技が、ほかとは異なるスパイ映画を完成させています。国と家族のためにスパイ活動を選んだジウォン役のカン・ドンウォンがのぞかせる、人間味あふれる側面や感情の変化も必見。
“影”を演じた大御所チョン・グッカァンの演技は秀逸で、韓国と北朝鮮という緊迫した社会背景が、彼の演技力から醸し出され、全体がスリリングに描かれています。白熱するアクションシーンも韓国映画ならでは!

 

こんな方におすすめ!

サスペンス並みの展開にドキドキ、ストーリー重視派におすすめです。

人情味も感じられる展開なので、そこまでアクションが好きなわけではないけれど、面白い映画を見たい方に!韓国ではイケメン俳優の代名詞とも言われる、カン・ドンウォンの魅力にはまってみるのもありです。

「義兄弟」採点

ストーリーの引き込まれやすさ
★★★★★(5点)

イケメン癒され度
★★★★☆(4点)

キュンキュン度
★★★☆☆ (3点)

泣ける
★★★★☆(4点)

笑える
★★★☆☆(3点)

ハラハラ・ドキドキ
★★★★★(5点)

——————————-
合計 24/30 点満点

スポンサードリンク

スポンサードリンク